真珠と日本

a natural treasure

A Source of Pride and Beauty

真珠の養殖は、18~19世紀に始まり、多くの実験と試行錯誤を伴う長い努力を重ね 19世紀後半に日本で成功しました。

日本発祥の真珠養殖産業として発展するにつれ、日本人は加工と選別の技術のエキスパートとなりました。 真珠貿易知識の基盤は、主に日本人が積み重ねたものでした。時間とともに、真珠業界はオーストラリアやタヒチなどの新しい地域に広がりましたが、日本の専門知識は今でも世界で最高と考えられています。

したがって、今日でも世界の真珠の多くは処理や選別のために日本に入り、その後ネックレスやパールジュエリー用の真珠として世界中に輸出されます。日本は世界で最高品質の真珠を仕入れる最良の場所と言えるでしょう。

この事実は、日本と世界の真珠産業との独特で永続的な関係性を示しており、当社で真珠をご購入いただくことで、海で誕生した真珠が美しいジュエリーとしてお客様のお手元に届くまでに介在する製造・卸業・小売業など多くの過程を省くことができます。当社は、高品質な真珠を仲介業者を介さずに、直接お安くご購入いただける唯一の場であると自負しております。

Japanese Akoya Pearl Necklace with Hanadama Certification
花珠アコヤ真珠ネックレス