–  OUR STORY  –

すべての旅は冒険であり、ストーリーでもあります。

そして、これが私たちのストーリーです。

1939

ツヴィ・チタヤットはイラクのバグダッドで生まれました。

Zvi Chitayat viewing Japanese Akoya Pearls

1950

ツヴィが11歳のとき、彼の家族はイラク国内に留まるのは危険だと判断し、1948年に建国されたイスラエルに移住しました。

Zvi Chitayat viewing Japanese Akoya Pearls

1962

パールの素晴らしさと美しさに魅了されたツヴィは、「千載一遇」の機会を得、高名な日本企業のパールのバイヤーとして、そのキャリアをスタートさせました。彼の冒険は真珠養殖の主要地域のひとつである日本の伊勢から始まり、そこで真珠の素晴らしさのみならず日本文化のあらゆる側面を学びました。

Japanese Pearl Divers

1963

ツヴィは真珠の街として知られる神戸に真珠のバイヤーとして住みはじめ、伝統的な日本のパールの貿易の探求に邁進していきました。

1969 

7年間真珠技術を学んだ後、妻と共に東京へ身を移します。そこで日本の真珠養殖場からアコヤパールを選別し、世界に向けて輸出することを専門とする、真珠卸売会社Amit Trading(アミットトレーディング)を創立しました。

これが、その後半世紀以上続くこととなる旅の始まりでした。

Zvi Chitayat viewing Japanese Akoya Pearls

1972

アミットの高品質なパールとその的確な提案は高評価を経て、世界中にその名を広めていきます。ヨーロッパ、アメリカ、香港の、卸売業者、宝飾メーカー、ブティックなどがアミットのパールを求め、その評価はその友人や家族にも広まり、こぞって多くのお客様がアミットの特別なパールジュエリーをオーダーしました。

Zvi Chitayat viewing Japanese Akoya Pearls

1979

ドリ・チタヤットが東京で生まれる。

 

Zvi Chitayat viewing Japanese Akoya Pearls

1995

アミットは黒蝶真珠(タヒチ真珠)と南洋真珠の取扱いを開始しました。卸売りにおける成功によって、アミットは世界クラスの真珠輸出企業としての地位を確立します。同時に、アミットの高品質なパールが広く知れ渡り、特別なオーダーを求める世界中の小売りのお客様からも、数多くの注文を承る様になりました。

1999

アミットの創立から30年後、東京の六本木にショールームを構え、店頭販売を開始します。パールに加えダイヤモンドの取扱いも開始し、ジュエリーを身に着ける喜びを益々広く伝えることとなります。

2001

アミットは、優良な真珠の卸売会社として、日本のみならず世界に向けて取引を拡大させると同時に、ショールームでは小売りの個々のお客様に向けて特別なデザインを施し、パールジュエリーを提供していきました。この積み重ねにより、アミットは卸売、小売共にその名を世界中に広めることとなりました。

Hong kong view

2005

真珠の一家に生まれたドリは、創設者の父によりパールに秘められた美を学び、会社経営の手ほどきを受け、26歳で家族経営の真珠ビジネスに加わりました。

2016

家族の伝統を受け継ぎ、ドリは2世代目のキュレーター兼社長に就任。 高品質のパールを購入するのに最適な場所としての評判を維持し、長年にわたる日本および世界中の真珠養殖場との良好な関係を継続しています。

White and Gold south sea pearls next to Black Tahitian pearls.

2020

同社の公式ブランド、Pearls.jpの設立。